新 野草ブログ

趣味の野草撮影を中心としたブログです。

2021年09月

ヒメミヤマウズラ

8月31日はヒメミヤマウズラを見に行ってみました。
8月6日に訪れた時、もう蕾が膨らんでいる株もあったのでおそらくお盆頃が見頃だと思われましたが、雨ばかりでなかなか訪れる機会が無く、今頃では残り花があるかどうか?という状態だろうとは思いましたが、どうしても一度は見ておきたくて出かけてみました。案の定終わった株ばかりでガッカリでしたが、丹念に探したらわずかながら残り花がありました。

↓ ヒメミヤマウズラ
DSC03485

DSC03486

DSR01837

DSR01839



ミズトンボ他

8月28日はミズトンボを見に行って来ました。
2週間前に覗いた時はまだ全然で蕾がやっと上がったばかりでしたが、さすがに月末ですので開花していました。ただ、まだ蕾のほうが多い感じです。ユニークな花は何回見ても面白く、飽きません(^^;

↓ ミズトンボ ラン科ミズトンボ属
DSR01749st

DSR01776st

DSR01782

DSR01804

↓ 夕方まで待ってミズオトギリの花も見て来ました。
DSR01812st

DSR01834




ナガバトンボソウ・ユウヅルエビネ他

8月25日は日帰りで屋久島に行って来ました。
本当は一泊すると未見のランがあと2種見られる可能性があったのですが、諸事情により仕方なく日帰りです。目的は未見のナガバトンボソウで現地ガイドさんの案内ですんなり見る事が出来ました。まだ咲き始めで開花株が少なく、風も影響して撮影は難しかったですが初見を果たすことが出来て出掛けた甲斐がありました。もう1種、花を見た人が殆どいないヒメクリソランも案内して貰いましたが、株は見る事が出来たものの、やはり花はありませんでした。
道中、ヤクシマヒメアリドオシランはあちこちにあって さすがに「本場」という感じでした(笑)
帰りの空港に向かう途中でガイドさんがユウヅルエビネの自生地に寄ってくれました。もう夕方で光量が少なく、撮影は難しかったですが奄美大島で一度見かけただけの花ですので嬉しかったです。
ラン以外ではヤクシマツルリンドウ、ホソバハグマ、ヤクシマツチトリモチなどを見る事が出来ました。日帰りでの慌ただしい花旅でしたが実り多い一日でした。
(もう一泊した花友さんに後ほど聞いた話では未見のヤクシマチドリとヤクシマミヤマウズラの両種とも見る事が出来たそうで、同行出来なかった事が悔やまれました)

↓ ナガバトンボソウ(屋久島固有種)
DSR01620st

DSR01634-01639st

DSR01641

DSR01655st

↓ ヤクシマヒメアリドオシラン
DSR01618

IMG_5484st

IMG_5494

↓ ユウヅルエビネ(ツルランとオナガエビネとの自然交雑種)
DSR01741

DSR01744

DSR01721

↓ ヒメクリソラン(葉のみ)
DSR01685-01689st

IMG_5481

↓ ホソバハグマ(屋久島固有種)
DSR01696st

IMG_5476

↓ ヤクシマツルリンドウ(屋久島固有変種)
DSR01611

↓ ヤクシマツチトリモチ(屋久島,種子島,奄美大島に自生)
DSR01699










ミヤマモジズリとトラキチラン

ミヤマモジズリとトラキチランも毎年見たい花です。
トラキチランは例年8月下旬がピークですが、ミヤマモジズリはちょうどお盆の頃が見頃ですので間を取って21日に出掛けてみました。ミヤマモジズリには少し遅いかな?と心配しましたが、今年はちょうどの時で沢山の花を見られてとても良かったです。トラキチランは予想通り咲き始めでしたが2桁の開花株を確認出来ました。

↓ ミヤマモジズリ
DSR01532

DSR01538st

DSR01572st

DSR01546st

↓ トラキチラン
DSR01589st

DSR01592st

DSR01601






ツリシュスラン

尾瀬に出掛けた8月19日は下山が午後3時で、花友さんと合流した道の駅に戻ったのは午後4時でした。帰宅するには厳しい時間でしたのでもう一泊することに決めて せっかくですので富士山の裾野まで移動、早朝にツリシュスランを見て帰る事にしました。
富士のツリシュスランは8月6日に確認したところ蕾でしたが、既に2週間経っているので尾瀬のヒロハツリシュスラン同様縋れてしまっているかもと危惧しましたが、こちらは幸いまだ十分見られる状態だったので寄った甲斐がありました。

↓ ツリシュスラン
DSR01524st

DSR01478st

DSR01473

DSR1479st



ギャラリー
  • ヒメミヤマウズラ
  • ヒメミヤマウズラ
  • ヒメミヤマウズラ
  • ヒメミヤマウズラ
  • ミズトンボ他
  • ミズトンボ他
  • ミズトンボ他
  • ミズトンボ他
  • ミズトンボ他